コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水の精

2件 の用語解説(水の精の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

水の精

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの交響詩(1896)。原題《Vodník》。ボヘミアの作家・詩人カレル・ヤロミール・エルベンの詩集『花束』に着想を得て作曲された交響詩の一つ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みずのせい〔みづのセイ〕【水の精】

《原題、〈チェコVodníkドボルザーク交響詩。1896年作曲。チェコの詩人カレル=ヤロミール=エルベンの詩を主題とした作品。水界の王ボドニークと結婚した娘が親元に里帰りしたときの悲劇を描く。水の魔物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水の精の関連キーワード新世界よりドボルザーク愛の歌ズロニツェの鐘聖書の歌聖ルドミラ野ばとフス教徒フス党ドヴォルザーク(ドボルザーク)

水の精の関連情報