コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水の精

デジタル大辞泉プラスの解説

水の精

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの交響詩(1896)。原題《Vodník》。ボヘミアの作家・詩人カレル・ヤロミール・エルベンの詩集『花束』に着想を得て作曲された交響詩の一つ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

みずのせい〔みづのセイ〕【水の精】

《原題、〈チェコVodníkドボルザーク交響詩。1896年作曲。チェコの詩人カレル=ヤロミール=エルベンの詩を主題とした作品。水界の王ボドニークと結婚した娘が親元に里帰りしたときの悲劇を描く。水の魔物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

水の精の関連キーワードジェイムズ・R. パーティントンオトフリート プロイスラーオーストラリアン・ケルピーE. ワルトトイフェル水の旅人 侍KIDSワルトトイフェルレークミネワンカスタグネリウスオンディーヌプロイスラーメリュジーヌヨーセフソンウンディーネロイクラトンロルツィングイオン交換北村 四海スラブ神話麻生 花児外木場麻里

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水の精の関連情報