水使・水遣(読み)みずつかい

精選版 日本国語大辞典の解説

みず‐つかい みづつかひ【水使・水遣】

〘名〙
① 洗濯・料理などで、水を使うこと。
西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一四「手水その外水遣ひする場処あり」
② 金銭を水をつかうように浪費すること。
※浮世草子・世間娘容気(1717)四「から算用なしに水づかひといふものにつかひはたして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android