コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手水 チョウズ

デジタル大辞泉の解説

ちょうず〔てうづ〕【水】

《「てみづ」の音変化》
手や顔などを水で洗うこと。社寺に参拝する前などに、手や口を水で清めること。また、その水。「手水を使う」
《用便のあと手を洗うところから》便所へ行くこと。また、小便。
「―をさせて子供を寝かす」〈鴎外
便所。手洗い。「手水に行く」

て‐みず〔‐みづ〕【手水】

手を洗う水。てあらいみず。ちょうず。
洗ったあとなどに手についている水。
(もち)つきのとき、捏(こ)ね取りが手に水をつけて餅を湿らすこと。また、その水。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうず【手水】

〔「てみず」の転〕
手や顔を洗うための水。 「 -を使う」
用便に行くこと。また、大小便を婉曲にいう語。 「 -に立つ」
便所。手洗い。ちょうずば。 「お-はどちらですか」
[句項目]

てみず【手水】

手を洗う水。手洗い水。ちょうず。
洗ったりして、手についている水。
もちをつく時、捏ね取りが手に水をつけて餅をしめすこと。また、その水。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の手水の言及

【手水鉢】より

…手を洗い口をすすいで清める水,すなわち手水をためておく鉢。多くは石造で,自然石をそのまま用いたもの,貝,舟,富士,一文字,棗(なつめ)などの形に加工したもの,また四方仏や五輪塔の水輪(下から2段目の石),橋杭などを利用したものがあり,銅製,陶磁器のものもある。…

※「手水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

手水の関連キーワード手洗い鉢・手洗鉢手水鉢の金魚帰家修祓の儀棗形手水鉢おけんつう手水手拭い縁先手水鉢御手水の間手水柄杓手洗い鉢手水の間塵を切る納棺の儀火点し石海野村伽藍石高麗垣手水屋貝野村初入り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手水の関連情報