水先区(読み)みずさきく

精選版 日本国語大辞典「水先区」の解説

みずさき‐く みづさき‥【水先区】

〘名〙 水先案内に関する行政の便宜上、必要な海面に設定した区域。その区域について免許を持つ水先人だけが、船舶水路を嚮導(きょうどう)することができる。東京湾水先区・神戸区・関門区などの三九水先区に分けられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水先区」の解説

みずさき‐く〔みづさき‐〕【水先区】

水先案内に関する行政の便宜上、必要な海面に設定した区域。この区域内では水先人としての有資格者だけが船舶を案内できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android