コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水先人 ミズサキニン

5件 の用語解説(水先人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みずさき‐にん〔みづさき‐〕【水先人】

一定の水先区で、船舶に乗り込んで水路を案内することを業務とする人。資格を要する。パイロット水先案内人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

水先人

多くの船舶が行き交う港湾での安全を守るため、船に乗り込んで誘導する専門家。国家資格で、水先案内人とも呼ばれる。船舶数が多い東京湾、伊勢三河湾、大阪湾、瀬戸内海関門海峡など全国10カ所は「強制水域」と呼ばれ、基準以上の大きさの船は、水先人が乗船しないと着岸できない。

(2013-08-01 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

水先人【みずさきにん】

パイロットとも。水先案内を行う者。操船についての深い知識と経験,担当水先区での海況を熟知した特殊な航海技術者である。水先法では,3年以上3000総トン以上の船の船長であった日本人で,担当水先区で実務を修習し,運輸大臣の行う試験に合格することなどが必要と定めている。
→関連項目パイロット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

みずさきにん【水先人】

水先みずさき法に基づき、一定の水先区で、船舶に乗り込み船舶を安全に導く業務を行う資格を有する者。パイロット。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水先人
みずさきにん

水先案内人、パイロットpilotともいう。船舶が港湾や運河、内海、沿岸など危険な水域を航行する際、その船舶に乗り込み、安全に導くことを業務とする。水先法(昭和24年法律第121号)は水先免許など水先制度を定めている。水先人の免許は水先区ごとに定められる。水先法は2006年(平成18)に大改正されて、水先人には水先できる船舶のトン数に応じて、一級から三級までの等級が設けられた。水先人になるには、三級海技士(航海)またはこれより上位の海技免許をもち、1000ないしは3000総トン以上の船舶において船長あるいは航海士としての一定の乗船履歴が必要となる。そして、登録水先人養成施設において所定の課程を修了し、国家試験に合格しなければならない。2009年4月現在の水先人数は650人(全員、一級水先人)。水先区は全国に35区あり、そのうち東京湾区、横浜区など11区は、日本船、外国船を問わず、水先人を乗船させなければならない強制水先区となっている。水先人は船長の求めに応じて水先するが、それを求めた限り船長は水先させなければならない。また、水先させても船長の船舶の安全な運航に関する責任はなくならないし、その権限も侵されない。水先人には水先料が支払われる。水先人は水先区ごとに水先人会を設立し、個人営業者として業務を行う。なお、外国の水先制度は多様である。[篠原陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水先人の言及

【海難】より

…日本もこの条約を批准してその内容をとり入れるため,82年に船舶職員法と船員法を一部改正した。(4)水先法 船長が不案内な港や水域においては,水先人を乗船させ,水路を導(きようどう)させることがある。水先法(1949公布)は,このような水先人の資格を定め,また特定の港と水域においては,必ず水先人を乗り込ませなければならない強制水先制度を設けることにより,海上交通の安全を確保しようとしている。…

【水先案内】より

…水先ともいう。船を嚮導(きようどう)することで,その任に当たる者を水先人(パイロットpilot)という。多くの国において,沿岸,河川,水道,港湾など地方的特殊水路事情に精通した者に水先人としての資格を認め,水先の免許を与えていることからみても,かつては航海の指導,航路の指示が主たる技術的内容であった。…

※「水先人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水先人の関連キーワード海難水脈船舶登記船舶法航海術航行区域船舶原簿船舶権力使える外国船舶航行法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水先人の関連情報