コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水先案内 ミズサキアンナイ

4件 の用語解説(水先案内の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みずさき‐あんない〔みづさき‐〕【水先案内】

船舶が港を出入りするときや内海・運河などの水域を通航するとき、水路を安全に案内すること。また、その人。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水先案内【みずさきあんない】

船の入出港や,運河,内海など危険水域の航行に際し,水先人が乗船し,船長に代わり直接操船を行い,船を安全に導くこと。水先法(1949年)により300総トン以上の外航船などは,指定の水先区では原則として水先案内を受けなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みずさきあんない【水先案内】

水先ともいう。船を嚮導(きようどう)することで,その任に当たる者を水先人(パイロットpilot)という。多くの国において,沿岸,河川,水道,港湾など地方的特殊水路事情に精通した者に水先人としての資格を認め,水先の免許を与えていることからみても,かつては航海の指導,航路の指示が主たる技術的内容であった。ヨーロッパの北海水先,日本の内海水先などにその形が残ってはいるが,現在では水路,気象などの自然的条件がきびしく,航行規則など人為的条件も複雑な水域で船を操縦する運航技術の指導ないし助言へと重点が移りつつあるといえよう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水先案内の関連情報