水先案内(読み)みずさきあんない

精選版 日本国語大辞典「水先案内」の解説

みずさき‐あんない みづさき‥【水先案内】

〘名〙
船舶湾に出入りするとき、内海運河などの水域を通航するときに、そのに乗り込み、または水先船で正しい水路を案内すること。また、その人。水戸案内。水先。道先。→水先区
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「又右軍艦出帆の節水先案内(ミヅサキアンナイ)はこれ迄の通り外国掛の重役の内一人」
② (比喩的に) 進むべき道を案内すること。
※軍隊病(1928)〈立野信之〉一「俺達は敵の水先案内をして了ったのだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「水先案内」の解説

水先案内【みずさきあんない】

船の入出港や,運河,内海など危険水域航行に際し,水先人が乗船し,船長に代わり直接操船を行い,船を安全に導くこと。水先法(1949年)により300総トン以上の外航船などは,指定の水先区では原則として水先案内を受けなければならない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「水先案内」の解説

みずさき‐あんない〔みづさき‐〕【水先案内】

船舶が港を出入りするときや内海・運河などの水域を通航するとき、水路を安全に案内すること。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「水先案内」の解説

みずさきあんない【水先案内】

水先ともいう。船を嚮導(きようどう)することで,そのに当たるを水先人(パイロットpilot)という。多くの国において,沿岸河川水道,港湾など地方的特殊水路事情に精通した者に水先人としての資格を認め,水先の免許を与えていることからみても,かつては航海の指導,航路の指示が主たる技術的内容であった。ヨーロッパの北海水先,日本の内海水先などにその形が残ってはいるが,現在では水路,気象などの自然的条件がきびしく,航行規則など人為的条件も複雑な水域で船を操縦する運航技術の指導ないし助言へと重点が移りつつあるといえよう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android