水恋鳥(読み)みずこいどり

精選版 日本国語大辞典「水恋鳥」の解説

みずこい‐どり みづこひ‥【水恋鳥】

〘名〙 あかしょうびん(赤翡翠)」の異名。《季・夏》
※日本紀略‐正暦元年(990)八月二日「二日甲辰。恠鳥入宮。〈不名鳥飛来南殿前捕。候右近陣。躰如水乞鳥〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水恋鳥の言及

【アカショウビン(赤翡翠)】より

…食物はおもにサワガニ,カエル(とくにアオガエル),トカゲ,昆虫類などを地上でとっている。曇天や雨の降りそうな日によく鳴くので,この鳥はピョロロロ鳴いて雨乞いをするといわれ,また雨を待ちかねて鳴くともいわれ,水乞鳥,水恋鳥という古名や地方名がある。近縁のヤマショウビンH.pileata(イラスト)は全長約28cm。…

※「水恋鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android