赤翡翠(読み)アカショウビン

デジタル大辞泉の解説

あか‐しょうびん【赤翡翠】

カワセミ科の鳥。全長28センチくらい。全体に鮮やかな赤褐色。日本では夏鳥として渡来し、森林の渓流でみられ、サワガニ・カエルなどを食べる。冬に東南アジアへ渡る。みずこいどり。みやましょうびん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかしょうびん【赤翡翠】

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。全長約27センチメートル。くちばしは赤く、体に比べて太く長い。背面は紫色の光沢を帯びた赤褐色で、腹はやや淡色。脚は赤い。日本には夏鳥として渡来。渓流を好み、キョロロローと特徴のある声で鳴く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

赤翡翠 (アカショウビン)

学名:Halcyon coromanda
動物。カワセミ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android