コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水資源開発公団 みずしげんかいはつこうだん

1件 の用語解説(水資源開発公団の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みずしげんかいはつこうだん【水資源開発公団】

水資源開発促進法(1961公布)を根拠に指定される〈水資源開発水系〉における水資源の開発または利用のための事業を実施する政府特殊法人として,1962年5月1日設立された。83年末現在,広域的な用水対策を緊急に実施する必要があると認められている指定水系は,利根川水系および荒川水系,淀川水系,筑後川水系,木曾川水系,吉野川水系である。これらの水系においては,〈水資源開発基本計画〉が決定され,この計画により水資源開発公団がダム,堰,湖沼開発用水路などの建設や管理を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

水資源開発公団の関連キーワード朝鮮映画弘田三枝子倍賞千恵子砂川啓介日野コンテッサ900 PC10外材あいつと私悪名ケニヤッタケネディ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水資源開発公団の関連情報