コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水資源開発公団 みずしげんかいはつこうだん

1件 の用語解説(水資源開発公団の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みずしげんかいはつこうだん【水資源開発公団】

水資源開発促進法(1961公布)を根拠に指定される〈水資源開発水系〉における水資源の開発または利用のための事業を実施する政府特殊法人として,1962年5月1日設立された。83年末現在,広域的な用水対策を緊急に実施する必要があると認められている指定水系は,利根川水系および荒川水系,淀川水系,筑後川水系,木曾川水系,吉野川水系である。これらの水系においては,〈水資源開発基本計画〉が決定され,この計画により水資源開発公団がダム,堰,湖沼開発用水路などの建設や管理を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水資源開発公団の関連キーワード水資源石油資源開発職業能力開発促進法公共職業能力開発施設能開法電源三法Jパワー(電源開発)電源三法交付金制度技術移転促進法日本海洋石油資源開発

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水資源開発公団の関連情報