水資源開発公団(読み)みずしげんかいはつこうだん

世界大百科事典 第2版の解説

みずしげんかいはつこうだん【水資源開発公団】

水資源開発促進法(1961公布)を根拠に指定される〈水資源開発水系〉における水資源の開発または利用のための事業を実施する政府特殊法人として,1962年5月1日設立された。83年末現在,広域的な用水対策を緊急に実施する必要があると認められている指定水系は,利根川水系および荒川水系,淀川水系,筑後川水系,木曾川水系,吉野川水系である。これらの水系においては,〈水資源開発基本計画〉が決定され,この計画により水資源開発公団がダム,堰,湖沼開発,用水路などの建設や管理を行っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水資源開発公団の関連情報