コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水道提綱 すいどうていこうShuǐ dào tí gāng

世界大百科事典 第2版の解説

すいどうていこう【水道提綱 Shuǐ dào tí gāng】

中国の清代,乾隆年間に作られた,全領域にわたる河川誌。斉召南(1703‐68)の著。28巻。康熙帝のとき西洋の宣教師に命じて実測製図させた全中国図《皇輿全覧図(こうよぜんらんず)》を基礎とし,これに見える河川の流路を記述したもの。中国内地のほか周辺の諸地域にも及び,記事の正確詳細なことをもって,中国河川誌の傑作の一つに数えられる。【日比野 丈夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android