コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水道提綱 すいどうていこう Shuǐ dào tí gāng

1件 の用語解説(水道提綱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいどうていこう【水道提綱 Shuǐ dào tí gāng】

中国の清代,乾隆年間に作られた,全領域にわたる河川誌。斉召南(1703‐68)の著。28巻。康熙帝のとき西洋の宣教師に命じて実測製図させた全中国図《皇輿全覧図(こうよぜんらんず)》を基礎とし,これに見える河川の流路を記述したもの。中国内地のほか周辺の諸地域にも及び,記事の正確詳細なことをもって,中国河川誌の傑作の一つに数えられる。【日比野 丈夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水道提綱の関連キーワード朱昴之張宗蒼九通魚鱗図冊二十四史裏白青磁雲彩洪武銭新曲宣徳火鉢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone