コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康熙帝 コウキテイ

デジタル大辞泉の解説

こうき‐てい〔カウキ‐〕【康熙帝】

[1654~1722]中国、朝の第4代皇帝。在位1661~1722。廟号聖祖。諱(いみな)は玄燁(げんよう)。三藩の乱を治め、台湾を領有し、ロシア・蒙古チベットに兵を進め、国土を拡張。また、西洋学術を導入、学芸を振興して、清朝全盛期の基礎を固めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうきてい【康熙帝 Kāng xī dì】

1654‐1722
清朝第4代皇帝。在位1661‐1722年。順治帝の第3子。名は玄燁(げんよう),廟号は聖祖,年号によって康熙帝とよばれる。清朝260年の基礎をきずきあげた点において,また満人出身であるにもかかわらず朱子学を信奉し,中国的皇帝の理想像に近づこうとつとめた点において,歴代王朝の数ある皇帝のなかでも名君の一人といわれる。1661年(順治18),数え年8歳で即位したが,幼年のためオボイら4人の満人重臣が輔政大臣すなわち摂政として一時権力をふるった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の康熙帝の言及

【清】より

…こうして18年にわたる南明諸王の明朝復興運動は成功することなく終わった。 順治帝の死後,61年(順治18)その子聖祖康熙帝が即位した。幼帝であったので4人の輔政大臣すなわち摂政が置かれた。…

【佩文斎書画譜】より

…中国,清の康熙帝勅撰の書画文献集成。主編者は孫岳頒だが実際の責任者は王原祁(おうげんき)。…

※「康熙帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

康熙帝の関連キーワード承徳の避暑山荘と外八廟康熙字典・康煕字典淵鑑類函・渕鑑類函佩文斎書画譜古今図書集成ジャルトゥー大清一統志皇輿全覧図博学鴻詞科乾隆ガラス康熙・康煕暦象考成水道提綱納蘭性徳淵鑑類函聖諭広訓康熙字典格体全録文字の獄

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康熙帝の関連情報