コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康熙帝 コウキテイ

2件 の用語解説(康熙帝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうき‐てい〔カウキ‐〕【康熙帝】

[1654~1722]中国、朝の第4代皇帝。在位1661~1722。廟号は聖祖。諱(いみな)は玄燁(げんよう)。三藩の乱を治め、台湾を領有し、ロシア・蒙古・チベットに兵を進め、国土を拡張。また、西洋学術を導入、学芸を振興して、清朝全盛期の基礎を固めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうきてい【康熙帝 Kāng xī dì】

1654‐1722
清朝第4代皇帝。在位1661‐1722年。順治帝の第3子。名は玄燁(げんよう),廟号は聖祖,年号によって康熙帝とよばれる。清朝260年の基礎をきずきあげた点において,また満人出身であるにもかかわらず朱子学を信奉し,中国的皇帝の理想像に近づこうとつとめた点において,歴代王朝の数ある皇帝のなかでも名君の一人といわれる。1661年(順治18),数え年8歳で即位したが,幼年のためオボイら4人の満人重臣が輔政大臣すなわち摂政として一時権力をふるった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の康熙帝の言及

【清】より

…こうして18年にわたる南明諸王の明朝復興運動は成功することなく終わった。 順治帝の死後,61年(順治18)その子聖祖康熙帝が即位した。幼帝であったので4人の輔政大臣すなわち摂政が置かれた。…

【佩文斎書画譜】より

…中国,清の康熙帝勅撰の書画文献集成。主編者は孫岳頒だが実際の責任者は王原祁(おうげんき)。…

※「康熙帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

康熙帝の関連キーワード永璘光緒帝順治帝雍正帝阿骨打神宗清朝バオダイ文帝順帝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康熙帝の関連情報