コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷帽 ひょうぼうice cap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷帽
ひょうぼう
ice cap

山頂部をおおう氷河。帽子のように山岳の中腹以上にある氷河で,熱帯の高山の山頂部やアイスランド火山にある。また氷床同義に用いることもあるが,その場合は面積が5万 km2以下のものをさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ぼう【氷帽】

山頂部を覆う氷河。陸地を覆う氷河の場合、面積5万平方キロメートル以下と定義される。それ以上の面積の場合は氷床とよんで区別する。氷冠冠氷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

氷帽の関連キーワードヨステダールス・ブレ氷河セーベルナヤ・ゼムリャバハトナヨークトル氷河ムズターグ・アタフランクリン地区バフィン[島]ガルヘピゲン山マウナ・ケア山エーライバ山エルズミア島ルイス火山フィヨルドバトナ氷河溢流氷河北西航路山岳氷河山地氷河谷氷河南極北極

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android