コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷舌 ひょうぜつglacier tongue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷舌
ひょうぜつ
glacier tongue

氷河の周縁部が張出した部分狭義には海上に突出した部分に限る。南極氷床縁辺には 10km以上も延びる例が少くない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ぜつ【氷舌】

氷河が海岸線から流れ出して形成された、突出部分。広義には山岳氷河などの末端部も含む。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の氷舌の言及

【氷河】より

…このようにして地質時代の気候変動は氷河の拡大・縮小の歴史に記録される。 氷河の変動は,(1)氷河の末端である氷舌glacier tongue端の前進・後退,(2)氷河面積の変動,(3)雪線高度の変化,などを指標として示される。この順に地質・地形学的証拠から氷河の変動を復元するのに困難が多くなるが,逆に気候との対応は良好となる。…

※「氷舌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

氷舌の関連キーワードチェルスキー[山脈]イヌイリチェク氷河マイポ[山]ケニア[山]バルトロ氷河マイポ火山ボーデン湖白瀬氷河アフリカ谷氷河氷山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android