コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷蓄熱 こおりちくねつice thermal storage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

氷蓄熱
こおりちくねつ
ice thermal storage

ビルなどの業務施設の冷房に要する冷熱を氷としてたくわえる方法。冷房需要の増大に伴い夏季の昼間における電力ピークが先鋭化してきたため,廉価な深夜電力を用いてヒートポンプを動かし,夜間に氷を生成・貯蔵し,昼間に冷熱を放出する。氷蓄熱の蓄熱能力は水蓄熱の約 12倍,蓄熱スペースも1/3から1/9に縮小できるため,過密都市の新築ビルで採用件数がふえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

氷蓄熱の関連キーワード氷蓄熱空調システム氷蓄熱システム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android