冷熱(読み)レイネツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① つめたいことと熱いこと。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「故に風は、空気の冷熱均しからざるより、生ずるものと知るべし」 〔大日経疏‐一二〕
② 感情などがさめることと熱くなること。
※東京日日新聞‐明治二九年(1896)一一月一三日「皆伯と親善にして交情の冷熱なきを述べ」
③ 物事の衰えていることと盛んであること。盛衰。
※都繁昌記(1837)序「市街の習俗、士女の情態、繁瘠冷熱を紛紛擾擾中に観るに於ては」 〔白居易‐再授賓客分司詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷熱の関連情報