冷熱(読み)れいねつ

精選版 日本国語大辞典「冷熱」の解説

れい‐ねつ【冷熱】

〘名〙
① つめたいことと熱いこと。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「故に風は、空気の冷熱均しからざるより、生ずるものと知るべし」 〔大日経疏‐一二〕
感情などがさめることと熱くなること。
※東京日日新聞‐明治二九年(1896)一一月一三日「皆伯と親善にして交情の冷熱なきを述べ」
③ 物事の衰えていることと盛んであること。盛衰
※都繁昌記(1837)序「市街の習俗、士女の情態、繁瘠冷熱を紛紛擾擾中に観るに於ては」 〔白居易‐再授賓客分司詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「冷熱」の解説

れい‐ねつ【冷熱】

冷たいことと熱いこと。感情などがさめることと熱くなること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android