コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井佳之輔 ながい よしのすけ

2件 の用語解説(永井佳之輔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井佳之輔 ながい-よしのすけ

?-? 明治時代の出版人。
明治13年(1880)津田仙が設立した学農社にはいる。同年東京で水産社をつくり,編集長中尾直治とともに日本初の水産雑誌「中外水産雑誌」を発行した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永井佳之輔

生年:生没年不詳
明治期,わが国最初の水産雑誌の発行人。明治13(1880)年,津田仙の学農社に入り,東京本郷春木町に水産社設立。社主となり編集長中尾直治と共に水産業の啓蒙普及のため民間第1号の『中外水産雑誌』を同年7月に創刊。その後,わが国初の水産団体,大日本水産会設立(1882)に向けて尽力。<参考文献>岡本信男『水産人物百年史』

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永井佳之輔の関連キーワード小幡英之助古川太四郎吾妻健三郎井田一郎印東玄得小沢弁蔵片山淳吉丹波兼康中村利吉藤川三渓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone