コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井佳之輔 ながい よしのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井佳之輔 ながい-よしのすけ

?-? 明治時代の出版人。
明治13年(1880)津田仙が設立した学農社にはいる。同年東京で水産社をつくり,編集長中尾直治とともに日本初の水産雑誌「中外水産雑誌」を発行した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

永井佳之輔

生年:生没年不詳
明治期,わが国最初の水産雑誌の発行人。明治13(1880)年,津田仙の学農社に入り,東京本郷春木町に水産社設立。社主となり編集長中尾直治と共に水産業の啓蒙普及のため民間第1号の『中外水産雑誌』を同年7月に創刊。その後,わが国初の水産団体,大日本水産会設立(1882)に向けて尽力。<参考文献>岡本信男『水産人物百年史』

(伊藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

永井佳之輔の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android