コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田仙 つだせん

7件 の用語解説(津田仙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津田仙
つだせん

[生]天保8(1837).佐倉
[没]1908.4.24. 横須賀
日本における西洋農学の先駆者。佐倉藩士の家に生れ,蕃書調所に学んで慶応3 (1867) 年渡米,帰国後は築地ホテルに勤めた。 1873年ウィーン万国博覧会に出張,オーストリアの農学者 D.ホーイブレンクに農学を学び,翌年帰国して『農業三事』を発表,気筒埋没法,樹枝偃曲法,媒助法の三事法を奨励。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津田仙【つだせん】

明治初期の農学者。佐倉藩士の子。1867年渡米し,大農法に着目。1873年ウィーン万国博に出席,翌年《農業三事》を発表して新農法を紹介。1876年《農業雑誌》を発行,学農社を設立して農業改良事業の人材を育成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田仙 つだ-せん

1837-1908 明治時代の農学者,教育者。
天保(てんぽう)8年7月6日生まれ。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩士小島善右衛門の子。津田梅子の父。幕臣津田栄七の婿養子。洋学をまなび,外国奉行支配通弁となる。慶応3年通訳として渡米。明治6年ウィーン万博に参加し西洋農法をまなぶ。学農社農学校をひらき,新農法の普及につくし,また禁酒運動をすすめた。明治41年4月24日死去。72歳。著作に「農業三事」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津田仙

没年:明治41.4.23(1908)
生年:天保8.7.6(1837.8.6)
明治期の農学者,教育家。各分野で欧化思想を実践した。佐倉藩(千葉県佐倉市)の藩士小島良親の子。早くから洋学を学び,文久1(1861)年幕臣津田栄七の養嗣子となる。明治維新後に築地ホテル館に勤務し,サラダ用の西洋野菜の将来性に注目した。明治6(1873)年,ウィーン万博に農業部門担当員として出張。同地でオランダ人園芸家ダニエル・ホーイブレンから伝授された新農法を,帰国後に『農業三事』(1874)として出版し評判になった。しかし内容的に不十分な点もあり,当時も賛否両論があった。9年,学農社という農学校を開校し,『農業雑誌』『開拓雑誌』など定期刊行物を出版して,欧米文化の紹介に尽くした。熱心なキリスト教徒で,青山学院(女子部)の前身の小学校をはじめミッション校の創立に協力した。禁酒雑誌『日の丸』を出版するなど日本の禁酒運動の先駆者でもあった。次女の梅子は女子英学塾(津田塾大)の創設者。<参考文献>都田豊三郎『津田仙』,大西伍一『日本老農伝』

(筑波常治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つだせん【津田仙】

1837‐1908(天保8‐明治41)
欧米農法の導入者。下総国(千葉県)出身。生家は小島姓。青年時代に蘭学,英学を学ぶ。1861年幕臣津田家の養子となり,外国奉行のもとで通弁御用となる。67年福沢諭吉らとともに幕府特使小野友五郎に随行し渡米。維新後築地ホテルの理事となり,外人用の各種洋菜の導入栽培を始めた。73年オーストリア万国博覧会に派遣され,この際園芸学者D.ホーイブレンクから気筒法,偃曲(えんきよく)法(取木法),媒助法を学び,帰国後これを《農業三事》として出版し数万部を売りさばいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つだせん【津田仙】

1837~1908) 農学者。下総国生まれ。「農学三事」を著し、労農舎農学校を設立するなど、西洋農法の普及紹介に努めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津田仙
つだせん
(1837―1908)

明治初期の西洋農学者。天保(てんぽう)8年7月6日、下総(しもうさ)国(千葉県)佐倉藩士小島善右衛門良親(よしちか)の四男に生まれる。幼名千弥(せんや)、のち仙弥。1851年(嘉永4)桜井家の養子となる。57年(安政4)より江戸に出て蘭(らん)学、英学を学ぶ。61年(文久1)幕臣津田大太郎の婿養子となり、外国奉行(ぶぎょう)通弁に採用される。67年(慶応3)勘定吟味役小野友五郎の随員として福沢諭吉らとともに渡米、西洋農法に感銘を受けて帰国。69年(明治2)築地(つきじ)ホテル館に勤務、71年北海道開拓使嘱託となる。73年ウィーンの万国博覧会に出席、このとき知遇を得たオーストリアの農学者ダニエル・ホイブレンクの説をもとに翌年『農業三事(さんじ)』を著し、花粉媒助などによる米麦の増産法を提唱。大いに喧伝(けんでん)されたが、その効果については当時より賛否があった。75年学農社、76年学農社農学校を設立、同年『農業雑誌』、80年『北海道開拓雑誌』を発刊、西洋農法の普及に努めた。このころキリスト教に入信、青山学院の前身になる学校組織の創設にも関与した。97年以降はいっさいの事業から退き、禁酒・禁煙運動などの社会活動を行った。明治41年4月24日没。女子英学塾(津田塾大学の前身)の創立者津田梅子は仙の次女。[船津 功]
『山崎孝子著『津田梅子』(1962・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田仙の関連キーワード横井時敬コダーイ欧化教育家沢野淳大脇正諄菅菊太郎佐藤義長ブリガム南鷹次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone