コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井堂亀友 ながいどう きゆう

1件 の用語解説(永井堂亀友の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井堂亀友 ながいどう-きゆう

?-? 江戸時代中期の戯作(げさく)者。
京都の人。宝暦12年(1762)から安永9年(1780)の間に「風俗誹人気質(かたぎ)」「世間旦那気質」など気質物を中心に浮世草子15部を刊行した。俳諧(はいかい),狂歌もよくした。一説に大坂天満の与力で,狂歌師の八田氏ともいう。別号に兵作堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永井堂亀友の関連キーワード戯作者鶴歩道人黒鳶式部青海舎主人鶴一声宝嘉僧松代柳枝夢中夢助柳川桂子和祥

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone