コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永作博美 ながさく ひろみ

1件 の用語解説(永作博美の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永作博美 ながさく-ひろみ

1970- 平成時代の女優,歌手。
昭和45年10月14日生まれ。平成元年結成されたアイドルグループribbonの一員。その後,18年のNHK大河ドラマ功名が辻」,「好きだ、」(高崎映画祭最優秀助演女優賞),19年の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞,ブルーリボン賞助演女優賞)など,テレビ,映画,舞台で活躍。23年「八日目の蝉」「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」で報知映画賞主演女優賞。24年「八日目の蝉」でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞,毎日映画コンクール女優助演賞,日本アカデミー賞最優秀助演女優賞。特技は料理で,調理師免許をもつ。田辺エージェンシー所属。茨城県出身。麻生高卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

永作博美の関連キーワード岸洋子楠トシエジュディ オングちあき なおみディック・ミネ林伊佐緒松尾和子水谷八重子(2代)水森亜土薬師丸ひろ子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永作博美の関連情報