コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永作博美 ながさく ひろみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永作博美 ながさく-ひろみ

1970- 平成時代の女優,歌手。
昭和45年10月14日生まれ。平成元年結成されたアイドルグループribbonの一員。その後,18年のNHK大河ドラマ「功名が辻」,「好きだ、」(高崎映画祭最優秀助演女優賞),19年の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞,ブルーリボン賞助演女優賞)など,テレビ,映画,舞台で活躍。23年「八日目の蝉」「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」で報知映画賞主演女優賞。24年「八日目の蝉」でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞,毎日映画コンクール女優助演賞,日本アカデミー賞最優秀助演女優賞。特技は料理で,調理師免許をもつ。田辺エージェンシー所属。茨城県出身。麻生高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永作博美の関連キーワードPure Soul 君が僕を忘れてもラストプレゼント 娘と生きる最後の夏ひとりぼっちの君に気球クラブ、その後カケオチのススメダーティ・ママ!ドッペルゲンガーさんかくはぁとその日のまえに曲げられない女伝説のマダムひとり暮らしさよなら私金のたまご伝説の教師玩具の神様婚外恋愛冷たい月四つの嘘蛇のひと

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android