コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永山在兼 ながやま ありかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永山在兼 ながやま-ありかね

1889-1945 大正-昭和時代前期の官僚。
明治22年2月5日生まれ。大正4年北海道庁にはいり,各地の土木事務所長をつとめ,道路の新設,改良にたずさわった。とくに釧路(くしろ)土木事務所長のとき開削した弟子屈(てしかが)-阿寒湖線(現国道241号線)は「永山道路」ともよばれる。昭和20年5月17日死去。57歳。鹿児島県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永山在兼の関連キーワード内閣総理大臣原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)森鴎外広島(市)神戸(市)近・現代ラテンアメリカ史(年表)イギリス映画

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android