永田 春水(読み)ナガタ シュンスイ

20世紀日本人名事典の解説

永田 春水
ナガタ シュンスイ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治22(1889)年2月18日

没年
昭和45(1970)年5月1日

出生地
茨城県北相馬郡藤代町

本名
永田 良亮

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔大正2年〕卒

経歴
荒木寛畝に入門、のち寺崎広業、結城素明に師事。大正2年国華社勤務、「国華」編集のかたわら古画を研究。9年敦煌発掘仏画模写のためロンドンに1年間滞在、他に中国、韓国にも遊学。この間5年の第10回文展で「露のひぬま」が初入選。昭和4年第10回帝展で「薫苑麗日」、5年第11回帝展「雪晴」が連続特選。日本美術協会、読画会にも属し、如春会を主宰。戦後は郷里藤代に移住、茨城県展の審査員などを努めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android