永田 春水(読み)ナガタ シュンスイ

20世紀日本人名事典の解説

永田 春水
ナガタ シュンスイ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治22(1889)年2月18日

没年
昭和45(1970)年5月1日

出生地
茨城県北相馬郡藤代町

本名
永田 良亮

学歴〔年〕
東京美術学校日本画科〔大正2年〕卒

経歴
荒木寛畝に入門、のち寺崎広業、結城素明に師事。大正2年国華社勤務、「国華」編集のかたわら古画を研究。9年敦煌発掘仏画模写のためロンドンに1年間滞在、他に中国、韓国にも遊学。この間5年の第10回文展で「露のひぬま」が初入選。昭和4年第10回帝展で「薫苑麗日」、5年第11回帝展「雪晴」が連続特選。日本美術協会、読画会にも属し、如春会を主宰。戦後は郷里藤代に移住、茨城県展の審査員などを努めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android