コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国華 こっか

8件 の用語解説(国華の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国華
こっか

国華社発行の月刊美術雑誌。東洋,日本美術の宣揚のため九鬼隆一らが国華社を創設し,岡倉天心高橋健三により 1889年 10月に創刊。重要作品の紹介と解説,美術史研究の論説などを掲載して現在まで継続。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こっ‐か〔コククワ〕【国華】

国の名誉。国の誇り。

こっか【国華】[書名]

月刊美術雑誌。明治22年(1889)岡倉天心高橋健三らが創刊。東洋美術、特に日本美術の作品紹介と研究論文を掲載。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国華【こっか】

美術雑誌。1889年10月岡倉天心らによって創刊。東洋美術の研究と紹介に当たり,海外での評価も高い。滝精一が主幹した時代(1898年―1945年)には《国華》の英文版やすぐれた美術書の刊行など,はなばなしい活躍をみせた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こっか【国華】

美術雑誌。1889年(明治22)10月,高橋健三,岡倉天心らによって創刊された。国運隆盛期にあって欧化主義の反省から日本美術の究明と紹介をめざす美術研究誌として,また高度の木版印刷による多色図版を採用した名品鑑賞の雑誌として出発したが,次第に古美術研究の専門誌としての性格を強めた。関東大震災と戦災によって版木や資料を焼失したこと,また何十回も刷り重ねた精緻な図版を収め,日本で最初にコロタイプ印刷を用いるなど破格の豪華雑誌ゆえにその経営は困難を極めたが,朝日新聞社の村山・上野両家による赤字負担,さらに1939年には朝日新聞社出版局に経営が移るなどの支援により,1977年には1000号を数えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こっか【国華】

国の名誉。国の栄光。

こっか【国華】

雑誌。日本および東洋美術の専門月刊誌。国華社発行。1889年(明治22)高橋健三・岡倉天心らによって創刊。啓蒙・研究の両面で重要な役割を果たす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国華
こっか

美術雑誌。1889年(明治22)10月、当時わが国の宝物調査事業の鼓吹者の一人であった高橋健三(1855―98)と友人の岡倉天心により創刊。その目的は主として東洋美術ことに日本美術の評論、考証をなし、かつ古美術を木版および写真版に複製して、広く世に紹介することにあった。古美術の複製にはわが国固有の木版色摺(いろずり)が用いられ、ほかに、そのころアメリカより初めて伝えられた玻璃(はり)版(コロタイプ)の技術もあわせ使用された。そのため国内のみならず欧米諸国にも販路を広め、1905年(明治38)以来朝日新聞社の後援を得て国華社から毎月発行されている。なお英文版が発行されたことがあるが、第一次世界大戦により1918年(大正7)6月で刊行を中止した。[永井信一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の国華の言及

【岡倉天心】より

…横山大観,下村観山,菱田春草,木村武山らが膝下で育っている。そのほか88年に臨時全国宝物取調局委員,89年には帝国博物館理事兼美術部長,そして高橋健三と諮って雑誌《国華》を創刊するなど,華々しい前半生の活動期を迎えた。新しい日本画の創造にあたって,極端な保守主義や欧化主義を排し,東洋の伝統をふまえて進取発展する道をとるというのが,天心の立場であった。…

【小川一真】より

…帰国後,85年東京市内に写真館〈玉潤館〉を開業し,乾板製造にも着手。89年日本ではじめてコロタイプ印刷のための工場を設立,同年雑誌《国華》の写真,印刷を引き受けた。1910年帝室技芸員,東京写真師組合初代会長となっている。…

※「国華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国華の関連キーワードみづゑ吉田三郎上野照夫大下正男栗岩英治関野聖雲高橋健三(2)田村彩天田村鉄之助藤本韶三

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国華の関連情報