コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永田良吉 ながた りょうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永田良吉 ながた-りょうきち

1886-1971 大正-昭和時代の政治家。
明治19年9月14日生まれ。生地鹿児島県の県会議員などをへて,昭和3年衆議院議員(当選8回,自由党),18年鹿屋(かのや)市長。この間,飛行場の鹿屋誘致やハンセン病患者の施設星塚敬愛園設立などにつくす。31年にも鹿屋市長となり,戦前戦後を通じて大隅(おおすみ)半島開発に貢献した。昭和46年5月11日死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

永田良吉の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android