コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永遠の0 えいえんのぜろ

2件 の用語解説(永遠の0の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

永遠の0

百田尚樹による小説。抜群の技量を持ちつつも極めて慎重なことから「臆病者」ともいわれた海軍パイロットが、神風特攻隊に志願し出撃するまでを描いた作品。小説を原作としたマンガや映画も存在する。
放送作家である百田が50歳で作家デビューした作品で、2006年8月に太田出版から書き下ろしで発表、09年7月には講談社から文庫本が発売された。13年10月15日付けのオリコンランキングの文庫部門で累計売り上げ100万部を突破した。累計売り上げ100万部突破は、文庫部門では歴代13作目。13年12月20日時点での売り上げは390万部で、これは文庫市場全体で今世紀初の数字となる。
百田は、「戦争を体験した父が闘病中に、戦争のことを語り継いでいくことが必要であると感じてこの小説を書いた」と言う。物語は、第2次世界大戦時の戦闘機ゼロ戦の搭乗員を主人公に、壮大な愛や真摯に「生きる」姿勢を描く。妻との「娘に会うまでは死なない」という約束を果たすため、「海軍航空隊一の臆病者」と侮辱された凄腕(すごうで)の操縦士の真実の姿という設定。作品はフィクションだが、実在の人物に関するエピソードが盛り込まれている。また、真珠湾攻撃から始まり、ミッドウェー、ガダルカナル、マリアナ沖、サイパン、沖縄など、戦況が順を追って描かれるため、戦争を知らない世代にも分かりやすいという。
映画「永遠の0」は、13年12月21日、岡田准一三浦春馬井上真央らをメーンキャストに全国東宝系で公開された。「ALWAYS三丁目の夕日シリーズの山崎貴を監督に、主題歌サザンオールスターズが歌う「蛍」。当初、同作品の映画化には無理があるとしてきた百田も山崎貴・林民夫の脚本に納得し映画化が実現。14年2月4日現在、公開から7週連続首位となり、観客動員は累計544万人を超え、興行収入は66億6700万円を突破した。

(金谷俊秀  ライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

永遠の0(ゼロ)

2013年公開の日本映画。監督:山崎貴、出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央ほか。百田尚樹の同名小説を原作とするヒューマンドラマ。第38回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、優秀脚本賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永遠の0の関連キーワード百田尚樹太刀持段碁名人持ちつ持たれつ技量力持ノアール小説持付ける持付けない

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永遠の0の関連情報