コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百田尚樹 ひゃくたなおき

2件 の用語解説(百田尚樹の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

百田尚樹

日本の放送作家、小説家。1956年2月23日、大阪府東淀川区生まれ。同志社大学法学部に入学するが5年在籍後中退し放送作家となる。「探偵!ナイトスクープ」(ABCテレビ)、「大発見!恐怖の法則」(テレビ朝日)などの人気番組に携わる。2006年、特攻隊を巡る群像小説『永遠の0』(太田出版)で作家デビュー。09年、『BOX!』(太田出版)で第30回吉川英治文学新人賞候補となり、第6回本屋大賞の5位に選出された。ボクシングを題材とした同作は10年に映画化された(主演、市原隼人)。また前出『永遠の0』と、美容整形テーマとした『モンスター』(2010年幻冬舎)も映画化され、それぞれ13年に公開される。12年10月、『永遠の0』の文庫版が100万部を突破。13年4月、出光興産の創業者をモデルにしたドキュメント小説『海賊とよばれた男』(講談社)で本屋大賞を受賞した。

(2013-4-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百田尚樹 ひゃくた-なおき

1956- 昭和後期-平成時代の放送作家,小説家。
昭和31年2月23日生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」を構成するなど活躍。平成18年「永遠の0(ゼロ)」で小説家デビュー。20年「ボックス!」が吉川英治文学新人賞候補となる。25年「海賊とよばれた男」が本屋大賞。大阪府出身。同志社大中退。著作はほかに「風の中のマリア」「モンスター」「影法師」「夢を売る男」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百田尚樹の関連キーワード青島幸男赤江瀑放送作家桂一郎邦光史郎知切光歳寺島アキ子野末陳平前田武彦茂木草介

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百田尚樹の関連情報