コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚染作用 おせんさようcontamination

翻訳|contamination

岩石学辞典の解説

汚染作用

汚染岩(contaminated rock)を形成する作用.ワットはマグマが千枚岩のアルミナ質物質で汚染された作用に用いた[Watt : 1914].その後リードは汚染岩を,マグマに伴われる火成岩堆積岩物質と相互作用を行なった岩石か,マグマに伴われる物質との交代作用によって汚染した火成岩に用いた.マグマと堆積岩(変成岩)の間の物質の交代作用に伴われる特定の酸化物の選択的な結合による結果と提案した[Read : 1921, 1923].汚染作用は既存の岩石を取り込んだり,溶液の作用などによって起こるマグマの組成変化である[Mehnert : 1968].マグマがマグマ溜まりの周囲や貫入途中の岩石を取り込んで,その化学組成が変化するとき,マグマは取り込んだ岩石によって汚染されるという.同じ現象をマグマを主体とする時は,マグマが周囲の岩石を同化するという[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

汚染作用の関連キーワードコントラスト分化作用エンドコンタクト岩側方吸収作用シンテクシス二重拡散対流交互同化作用再生マグマホルト岩混成岩換気

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android