コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汚染作用 おせんさよう contamination

翻訳|contamination

1件 の用語解説(汚染作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

汚染作用

汚染岩(contaminated rock)を形成する作用.ワットマグマが千枚岩のアルミナ質物質で汚染された作用に用いた[Watt : 1914].その後リードは汚染岩を,マグマに伴われる火成岩堆積岩物質と相互作用を行なった岩石か,マグマに伴われる物質との交代作用によって汚染した火成岩に用いた.マグマと堆積岩(変成岩)の間の物質の交代作用に伴われる特定の酸化物の選択的な結合による結果と提案した[Read : 1921, 1923].汚染作用は既存の岩石を取り込んだり,溶液の作用などによって起こるマグマの組成変化である[Mehnert : 1968].マグマがマグマ溜まりの周囲や貫入途中の岩石を取り込んで,その化学組成が変化するとき,マグマは取り込んだ岩石によって汚染されるという.同じ現象をマグマを主体とする時は,マグマが周囲の岩石を同化するという[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汚染作用の関連キーワード汚染米複合汚染農薬汚染ROC浄水汚染等致死傷罪ハイテク汚染汚染菌汚染物空気汚染汚染岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone