汚職罪(読み)おしょくざい

世界大百科事典 第2版の解説

おしょくざい【汚職罪】

公務員が自己にゆだねられた職務の廉潔性を侵害する犯罪。刑法の表記現代化以前は〈瀆職(とくしょく)罪〉とよばれた。その職権を濫用して不正を行う職権濫用罪と,その職務に関して不正な利益供与を受ける収賄罪とに分かたれる。職権濫用罪賄賂罪【町野 朔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汚職罪の関連情報