コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江包(えっつみ)・大西の御綱

1件 の用語解説(江包(えっつみ)・大西の御綱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

江包(えっつみ)・大西の御綱

奈良県桜井市の江包・大西の両地区に伝わる民俗行事。両地区で2月初旬に新藁を持ち寄って、江包の春日神社で男綱を、大西の市杵島神社で女綱をつくり、素盞嗚神社で二つを合体させて吊るし、手打ち式を行う。豊作や子孫繁栄を願う神事で、当地では「お綱はんの結婚式」「お綱かけ」などともいう。2012年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江包(えっつみ)・大西の御綱の関連キーワード奈良県桜井市江包奈良県桜井市大西奈良県桜井市吉備奈良県桜井市狛奈良県桜井市桜井奈良県桜井市芝奈良県桜井市下奈良県桜井市辻奈良県桜井市外山奈良県桜井市山田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone