大西(読み)おおにし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大西
おおにし

愛媛県北部,高縄半島北西端に位置する今治市中部の旧町域。斎灘に臨む。 1955年大井村と小西村が合体して町制。 2005年今治市,玉川町,波方町,菊間町,吉海町,宮窪町,伯方町,上浦町,大三島町,朝倉村,関前村と合体し今治市となる。中心街の大西は江戸時代には馬継ぎ駅であった。主産業は柑橘類栽培,畜産,および造船工業で,特に 10万t級の鋼船の造船で知られる。九王海岸は海水浴場で,付近には星の浦海浜公園があり,一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおにし【大西】

(関西以西で)冬期に西から吹く強風。

おおにし【大西】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大西
おおにし

愛媛県北部、越智郡(おちぐん)にあった旧町名(大西町(ちょう))。現在は今治市(いまばりし)の中北部(島嶼部は除く)を占める地域。高縄半島西岸、斎灘(いつきなだ)に臨む。旧大西町は、1955年(昭和30)大井、小西の2村が合併して町制施行。2005年(平成17)玉川町など8町2村とともに今治市に合併。JR予讃(よさん)線、国道196号が通じる。沿岸部は低湿であったため、近世初頭から松山藩では新田開発を行ってきた。山麓(さんろく)部はミカン園として開かれているが、沿岸低地は第二次世界大戦後に造船業が立地し工業地区となった。タオル工場の進出がみられる。[横山昭市]
『『大西町誌』(1977・大西町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐にし おほ‥【大西】

〘名〙
① 真西の方角。
※詩学大成抄(1558‐70頃)二「函谷は中国から大(ヲウ)にしのはての秦の国え入る口の節所の谷なり」
② 陰暦一一月、一二月の風。〔物類称呼(1775)〕

おおにし おほにし【大西】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大西の関連情報