コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新藁 シンワラ

デジタル大辞泉の解説

しん‐わら【新×藁】

その年に刈った稲からとったわら。今年藁。 秋》「肥桶(こえをけ)を荷ひ―一抱へ/虚子
植えつけに適するほどに生長した早苗に、熱湯を注いで乾かしたもの。女の髪を束ねるのに用いられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんわら【新藁】

その年に刈り取った稲のわら。 [季] 秋。
田植え前の稲の苗に熱湯を注いで乾かしたもの。薄緑色で、これで洗い髪を結ぶと邪気払いになるという俗信から、髪を束ねるのに用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新藁の関連キーワード江包・大西の御綱しめ(注連)縄洗い髪藁仕事肥桶氏神地神俗信秋祭

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android