コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江南画 こうなんがJiang-nan-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江南画
こうなんが
Jiang-nan-hua

中国,北宋末の文人画家米 芾 (べいふつ) ,南宋の絵画史家 鄧椿らが取上げた絵画作品の名称。米 芾は単に董源系の山水画のみを意味せず,「江南の気象」を示す江南地方で生れた作品をさし,その伝統は六朝顧 愷之 (こがいし) 以来とし,粗放な筆描,飛白や草書の筆法を取入れた江南の作品を江南画と呼んだ。他方,明代では主として董源系の作品を意味したが,江南を主題とした山水画を呼ぶこともあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

江南画の関連キーワード周文矩江参

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android