江州(読み)こうしゅう

  • こうしゅう カウシウ
  • ごうしゅう
  • ごうしゅう ガウシウ
  • ごうしゅう〔ガウシウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

中国、東晉代に予章(よしょう)(江西省南昌県)を中心に置かれた州名。のち治は武昌(湖北省武漢)に、さらに尋陽(じんよう)(江西省九江)に移る。
近江国(滋賀県)の別称。
※田氏家集(892頃)上・江州形勢「江州形勢自難裁、関左咽喉此地堆」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の江州の言及

【近江国】より

…旧国名。江州。現在の滋賀県にあたる。…

【九江】より

…漢代から尋陽県が置かれ,三国時代には呉と魏の境界にあり,呉の水軍の基地であった。南朝により尋陽郡治が置かれて以来,江州,九江郡などと名称は変わっても,江西北部地区の中心で,茶や米の農産物,景徳鎮からの陶器,木材などの集散地として発展した。清末には,1858年(咸豊8)の中英天津条約で,漢口~上海間の要港として開港された。…

※「江州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

江州の関連情報