コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸往来 えどおうらい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸往来
えどおうらい

『自遣往来』ともいう。作者不詳。1冊。江戸の市中および近郊の風俗や地勢などを記した地理書。寛文9 (1669) 年初版。『続々群書類従』『日本教育文庫』に所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

江戸往来の関連キーワード板谷峠往来物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android