江本 義数(読み)エモト ヨシカズ

20世紀日本人名事典の解説

江本 義数
エモト ヨシカズ

昭和期の微生物学者 学習院大学名誉教授。



生年
明治25(1892)年10月28日

没年
昭和54(1979)年5月18日

出生地
東京市本所区荒井町

学歴〔年〕
東京帝大理科大学植物学科〔大正6年〕

学位〔年〕
理学博士〔昭和9年〕

経歴
昭和9年学習院教授となり、28年から学習院女子短期大学教授、国士舘短期大学教授を務め、36年学習院大学名誉教授となり、国士舘大学教授に就任した。また33〜49年東京国立文化財研究所の調査研究員として法隆寺金堂焼損壁画、高松塚古墳壁画微生物調査と防除処理の研究を行う。主な著書に「日本変形菌原色図譜」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android