コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江橋節郎 えばしせつろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江橋節郎
えばしせつろう

[生]1922.8.31. 東京
[没]2006.7.17. 愛知,岡崎
薬理学者。 1944年東京帝国大学医学部卒業。 1959年アメリカ合衆国のロックフェラー研究所客員研究員,同年東京大学医学部教授,1963年カリフォルニア大学客員教授,1971年東大理学部教授,1974年ハーバード大学医学部客員教授を歴任。 1983年に東大退官後,岡崎国立共同研究機構生理学研究所教授,同研究所長,同機構長を歴任。筋肉収縮の分子生理学的機構の研究で,調節因子としてのカルシウムの役割を発見し,その調節機構を明らかにした。また,カルシウムの受容体蛋白としてのトロポニンの存在を明らかにし,その役割も解明した (1965) 。さらにカルシウムが関与する他の生理過程に研究領域を広げた。また,筋ジストロフィー患者に血清中クレアチンホスフォキナーゼ活性が極めて高いことを発見,これをもとに潜在性筋ジストロフィー発見法の基礎を築いた。 1972年学士院賞恩賜賞,1999年国際生物学賞などを受賞,1975年文化勲章を受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江橋節郎 えばし-せつろう

1922-2006 昭和後期-平成時代の生理学者。
大正11年8月31日生まれ。昭和34年東大教授,58年岡崎国立共同研究機構生理学研究所教授,平成3年同機構長となる。筋肉の収縮と弛緩の機構解明や,筋ジストロフィー診断法などの研究で知られる。国際生物物理学連合会会長などをつとめた。昭和47年学士院恩賜賞,50年文化勲章。平成18年7月17日死去。83歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の江橋節郎の言及

【トロポニン】より

…カルシウムによる筋収縮の制御はトロポニンを介して行われ,カルシウムがトロポニンに結合すると筋肉の細,太両フィラメント間の相互作用が抑制状態から昂進(こうしん)状態に転移し,筋収縮が起こる。1965年に江橋節郎らによって発見された。筋収縮【宝谷 紘一】。…

※「江橋節郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

江橋節郎の関連キーワードアクトミオシントロポミオシン恩賜賞受賞者眞崎知生超沈殿歴任

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江橋節郎の関連情報