弛緩(読み)しかん

精選版 日本国語大辞典「弛緩」の解説

し‐かん ‥クヮン【弛緩】

〘名〙 ゆるむこと。たるむこと。心のゆるむこと。⇔緊縮。〔医語類聚(1872)〕
※門(1910)〈夏目漱石〉三「湯上りで、精神が(シクヮン)した気味に見えた」

ち‐かん ‥クヮン【弛緩】

〘名〙 「しかん(弛緩)」の慣用読み
※どぜう地獄(1924)〈岡本一平〉三「目がしらの相寄った鋭い眼は緊張し続けて弛緩(チクワン)の機能を失ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「弛緩」の解説

し‐かん〔‐クワン〕【×弛緩】

[名](スル)《慣用読みで「ちかん」とも》ゆるむこと。たるむこと。「筋肉が弛緩する」
[類語]緩衝和らぐ緩和融和和らげる和む間延び

ち‐かん〔‐クワン〕【×弛緩】

[名](スル)しかん(弛緩)」の慣用読み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「弛緩」の解説

【弛緩】しかん(くわん)

ゆるむ。たるむ。〔漢書、五行志中之下〕を被ること十餘年、之れに(かさ)ぬるに饉を以てす。百姓し、臣下の心離る。懼れて弛し、敢て誅罰を行はず。

字通「弛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android