弛緩(読み)シカン

デジタル大辞泉の解説

し‐かん〔‐クワン〕【×弛緩】

[名](スル)《慣用読みで「ちかん」とも》ゆるむこと。たるむこと。「筋肉が弛緩する」

ち‐かん〔‐クワン〕【×弛緩】

[名](スル)しかん(弛緩)」の慣用読み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しかん【弛緩】

( 名 ) スル
ゆるむこと。たるむこと。 「筋肉が-する」 「精神が-した気味に見えた/門 漱石」 〔「ちかん」は慣用読み〕

ちかん【弛緩】

( 名 ) スル
「しかん(弛緩)」の慣用読み。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐かん ‥クヮン【弛緩】

〘名〙 ゆるむこと。たるむこと。心のゆるむこと。⇔緊縮。〔医語類聚(1872)〕
※門(1910)〈夏目漱石〉三「湯上りで、精神が(シクヮン)した気味に見えた」

ち‐かん ‥クヮン【弛緩】

〘名〙 「しかん(弛緩)」の慣用読み。
※どぜう地獄(1924)〈岡本一平〉三「目がしらの相寄った鋭い眼は緊張し続けて弛緩(チクワン)の機能を失ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弛緩の関連情報