弛緩(読み)シカン

  • ×弛緩
  • しかん ‥クヮン
  • しかん〔クワン〕
  • ちかん
  • ちかん ‥クヮン
  • ちかん〔クワン〕

大辞林 第三版の解説

スル
ゆるむこと。たるむこと。 筋肉が-する 精神が-した気味に見えた/門 漱石 ちかんは慣用読み
スル
「しかん(弛緩)」の慣用読み。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ゆるむこと。たるむこと。心のゆるむこと。⇔緊縮。〔医語類聚(1872)〕
※門(1910)〈夏目漱石〉三「湯上りで、精神が弛緩(シクヮン)した気味に見えた」
〘名〙 「しかん(弛緩)」の慣用読み。
※どぜう地獄(1924)〈岡本一平〉三「目がしらの相寄った鋭い眼は緊張し続けて弛緩(チクワン)の機能を失ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弛緩の関連情報