コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江見絹子 えみ きぬこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江見絹子 えみ-きぬこ

1923-2015 昭和後期-平成時代の洋画家。
大正12年6月7日生まれ。フランス文学者・作家の荻野アンナの母。神戸市立洋画研究所にまなぶ。昭和24年より行動美術協会展に出品。奨励賞,行動美術賞を受賞,28年会員となる。同年女流画家協会会員。31,33年シェル美術賞を受賞し,このころより抽象画に転ずる。平成9年神奈川県文化賞。平成27年1月13日死去。91歳。兵庫県出身。加古川高女卒。本名は荻野絹子。作品に「むれ」「生誕」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江見絹子の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助緑友利恵佐藤健出生率片野莉乃山田望叶花見桜こうき安徽(省)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android