コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田宏 いけだ ひろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田宏 いけだ-ひろし

1881-1939 大正-昭和時代前期の官僚。
明治14年7月30日生まれ。内務省社会局長,東京市助役,社会局長官などをへて,大正13年京都府知事。農漁村の勧業治水,交通事業などにつくした。15年神奈川県知事。東京市政調査会理事などもつとめた。昭和14年1月7日死去。59歳。静岡県出身。京都帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の池田宏の言及

【都市行政】より

…彼の《東京市政論The Administration and Politics of Tokyo》(1923)は,都市行政論の名著とされる。日本でも池田宏《都市経営論》(1922),岡実《都市経営革新の急務》(1923)が著された。両者はともに東京市官僚だが,都市行財権の確立や行政運営の効率化を求めた。…

※「池田宏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池田宏の関連キーワード溶融炭酸塩形燃料電池固体高分子形燃料電池固体酸化物形燃料電池ニッケル水素蓄電池シラス(白色砂質)リン酸形燃料電池ニッケル亜鉛電池ルクランシェ電池アルカリ蓄電池エジソン電池岩田 愛之助シラス台地一次電池燃料電池鉛蓄電池海岸段丘河岸段丘開析台地湖底平野蓄電池

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池田宏の関連情報