池田宗政(読み)いけだ むねまさ

美術人名辞典の解説

池田宗政

江戸中期の画家・備前岡山城主。少将綱政の男。姓は源。宝暦14年(1764)歿、38才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田宗政 いけだ-むねまさ

1727-1764 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)12年6月24日生まれ。池田継政(つぐまさ)の長男。宝暦2年備前岡山藩主池田家4代となる。書画にすぐれ,和歌をこのんだ。宝暦14年3月14日死去。38歳。初名は尚政(なおまさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android