コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田継政(読み)いけだ つぐまさ

美術人名辞典の解説

池田継政

江戸中期の備前岡山藩主。池田綱政の四男。初名は保教、号は空山。従四位下少将大炊頭に叙任される。空山と号し、画を能くする。安永5年(1776)歿、75才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田継政 いけだ-つぐまさ

1702-1776 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)15年8月17日生まれ。池田綱政の子。正徳(しょうとく)4年備前岡山藩主池田家3代となる。絵を狩野(かのう)派にまなび,能楽このみ,能百六番の舞台図「諷形図」をかいた。安永5年2月8日死去。75歳。初名は保教(やすのり)。号は空山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android