コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田継政 いけだ つぐまさ

美術人名辞典の解説

池田継政

江戸中期の備前岡山藩主。池田綱政の四男。初名は保教、号は空山。従四位下少将大炊頭に叙任される。空山と号し、画を能くする。安永5年(1776)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田継政 いけだ-つぐまさ

1702-1776 江戸時代中期の大名。
元禄(げんろく)15年8月17日生まれ。池田綱政の子。正徳(しょうとく)4年備前岡山藩主池田家3代となる。絵を狩野(かのう)派にまなび,能楽このみ,能百六番の舞台図「諷形図」をかいた。安永5年2月8日死去。75歳。初名は保教(やすのり)。号は空山。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

池田継政の関連キーワード池田村子池田宗政元禄