池田徳澄(読み)いけだ のりずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田徳澄 いけだ-のりずみ

1854-1876 幕末-明治時代の大名。
嘉永(かえい)7年10月16日生まれ。池田仲律(なかのり)の弟仲諟の3男。従兄池田仲建(なかたつ)の跡をつぎ,元治(げんじ)2年因幡(いなば)鳥取新田藩(東館(ひがしだて))藩主池田(松平)家10代となる。明治元年鹿野(しかの)藩と改称。2年鳥取藩に併合・廃藩のため退任。明治9年12月13日死去。23歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android