コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池魚の殃 チギョノワザワイ

デジタル大辞泉の解説

池魚(ちぎょ)の殃(わざわい)

災難の巻き添えをくうこと。特に、類焼にあうこと。
[補説]池の中に落ちた珠(たま)を取るために宋王が池の水をかき出させたが珠は見あたらず、池の魚はみな死んでしまったという「呂氏春秋」孝行覧の故事から。また、楚の国で城門火事が起こったとき、火を消そうとしての水を用いたために魚が全部死んだという故事によるともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぎょのわざわい【池魚の殃】

〔「呂氏春秋孝行」池に投げ込まれた宝珠を捜すため池の水が汲み干されて、池の魚が死んだという故事から。また、一説に、城の門が火事になった時、消火のために池の水を汲み干したので、池の魚が死んだという故事から〕
意外な災難にあうこと。まきぞえにあうこと。特に、火事で類焼すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

池魚の殃の関連キーワード補説池魚宝珠災難消火一説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android