コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池魚の殃 チギョノワザワイ

2件 の用語解説(池魚の殃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

池魚(ちぎょ)の殃(わざわい)

災難の巻き添えをくうこと。特に、類焼にあうこと。
[補説]池の中に落ちた珠(たま)を取るために宋王が池の水をかき出させたが珠は見あたらず、池の魚はみな死んでしまったという「呂氏春秋」孝行覧の故事から。また、楚の国で城門の火事が起こったとき、火を消そうとして池の水を用いたために魚が全部死んだという故事によるともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぎょのわざわい【池魚の殃】

〔「呂氏春秋孝行」池に投げ込まれた宝珠を捜すため池の水が汲み干されて、池の魚が死んだという故事から。また、一説に、城の門が火事になった時、消火のために池の水を汲み干したので、池の魚が死んだという故事から〕
意外な災難にあうこと。まきぞえにあうこと。特に、火事で類焼すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone