決拾(読み)けっしゅう

精選版 日本国語大辞典「決拾」の解説

けっ‐しゅう ‥シフ【決拾】

〘名〙 (「決」は右の指につけてを引きかける「ゆがけ」のこと。「拾」は左ひじにつけて弦の当たるのを防ぐ「ゆごて」のこと) を射る時に用いる道具で、弽(ゆがけ)弓籠手(ゆごて)
※応永本論語抄(1420)八佾第三「勝たる者はをぬいて決拾をも不解、張り弓をもちながら堂上へ上る也」 〔詩経‐小雅・車攻〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android