コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弓籠手 ユゴテ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐ごて【籠手】

弓を射るとき、袖が弦(つる)に当たるのを防ぐために、左の手首から肩にかけておおう皮や絹布などで作った筒状の籠手(こて)。手纏(たま)き。射籠手(いごて)。弓射籠手。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

弓籠手の関連キーワード手纏・環・鐶・手纒籠手・小手・篭手射籠手・射篭手流鏑馬

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android