沈酣(読み)ちんかん

大辞林 第三版の解説

ちんかん【沈酣】

深く酒に酔うこと。また、物事に心酔すること。耽溺たんでき
じっくりとなじんでいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん‐かん【沈酣】

〘名〙
① 深く酒に酔うこと。酒に沈みふけること。転じて、物事に心酔すること。耽溺
随筆独寝(1724頃)下「六一居士が本論にかきしごとく、沈酣骨に通りたる世の中の人なれば、かやうの物を見て信をおこすも口おし」 〔皮日休‐酒中十詠詩・酒城〕
② しっかりと落ち着いていること。じっくりとなじんでいること。
※随筆・山中人饒舌(1813)下「筆法雋穎。墨色沈酣。阿堵一点。奕々射入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android