本論(読み)ほんろん

精選版 日本国語大辞典「本論」の解説

ほん‐ろん【本論】

〘名〙
① 主となる。根本の論。
※米沢本沙石集(1283)一〇本「浄土宗の本論(ホンロン)也」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「夫はほんの冒頭なので、本論は是からなのです」
② 話題にしている、この論。
※前期自然主義文学(1949)〈瀬沼茂樹〉一「本論の最初の引用に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本論」の解説

ほん‐ろん【本論】

議論論文などの中心となる部分。「話が本論に入る」
この論。この論文・議論。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本論」の解説

【本論】ほんろん

主たる論説

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android