沓込(読み)くつこみ

精選版 日本国語大辞典「沓込」の解説

くつ‐こみ【沓込】

〘名〙 (「くつごみ」とも)
浅沓(あさぐつ)前方の袋の内側に差しこむ綿入れ。足のの当たりを和らげるために用いる。絹は束帯の表袴(うえのはかま)と同地質を用いるのを例とする。
(あぶみ)の内側。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報