コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅沓 あさぐつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅沓
あさぐつ

とも書く。公家が装束を着けたときにはく浅い沓で,深沓 (ふかぐつ) の対語。キリ (桐) の木を彫って角張った舟形にし,外側を黒漆で塗ってつくる。内側の沓敷には絹布か紙を張るが,禁色を許された公家は,表袴の布を内側に張った。もともと奈良時代の皀皮履 (くろかわのくつ) の変化したもので,平安時代には,黒漆を塗った革製の浅沓が一般的であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさぐつ【浅沓】

奈良時代前後の制度では,文武官とも朝服には烏皮履(くりかわのくつ)という黒い革製の履(くつ)をはいていた。平安時代になって,中期ころからしだいに束帯が成立し,これが独自の発展をすると,キリの木を彫って黒漆を塗った浅沓が用いられるようになった。足の先の部分を高く,足首のところも低いふちをとったはきもので,今日の神社の神職がこれをはいているが,もちろん古くはもっと形のよいものであった。日常の庭の歩行には使用できたけれども,木製だったので,文官の乗馬のときや,武官には用いられなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あさぐつ【浅沓】

公卿くぎよう・殿上人などが履いた浅い沓くつ。古くは革で、のちには桐きりをくりぬいて作り、外側を黒漆で塗り、内側に絹布を張った。 ↔ 深沓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅沓
あさぐつ

公家(くげ)の履き物の一種。深沓に対する名称。束帯、衣冠、直衣(のうし)、狩衣(かりぎぬ)などの服装に用いられる。形式は古代、中世は前方が丸く盛り上がり、後方が細くなった舟形のもので、皮に黒漆を塗った烏皮履(くりかわのくつ)のほか、木製に黒漆を塗った、いわゆる木履(もくり)が使われた。内部の底敷きとして、白の平絹や白の綾(あや)が張られたが、公卿(くぎょう)以上のものには、その表袴(うえのはかま)と同質の浮織物が用いられた。近世の浅沓は木製のほか、上部に紙を張り合わせてつくった、いわゆる張り抜きに桐(きり)材の底をつけ黒漆を塗ったものが用いられ、前方上部の丸みが直線的となり、全体に大ぶりとなったため、脱げぬように大形の甲当てをつけた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

浅沓[祭礼・和楽器]
あさぐつ

東海地方、三重県の地域ブランド。
伊勢市で製作されている。浅沓とは、神宮神官の履物。江戸時代中期までは、上位階級のごく一部の神官しか着用が許されていなかった。型づくりは和紙張り、仕上げは本堅地蝋色塗り。型づくりから仕上げまで一して製作されている。三重県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

浅沓の関連キーワード深靴・深沓・深履貫き・頬貫・頰貫靴・沓・履直衣装束東海地方雁鼻の沓伊勢市差掛け殿上人鼻高履直衣藁沓木履狩衣木沓平沓浅履挿鞋深靴祭服

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android