沖合人工島(読み)おきあいじんこうとう(英語表記)offshore artificial island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖合人工島
おきあいじんこうとう
offshore artificial island

水深 20~50m程度の沖合いに建設される人工島。構造本体を浮体として係留する浮体式,本体をくいなどの脚で支えるか海底に接地する接地式,外周部の護岸工事を行い内部を埋立てる埋立て式の3方式に大別される。浮体式は沖縄海洋博覧会のアクアポリス,接地式は北極海の石油掘削基地,埋立て式は関西新空港や横浜市大黒埠頭が例としてあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android