沖合養殖(読み)おきあいようしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖合養殖
おきあいようしょく

内湾,内海域で発達してきた養殖を,潮流風浪などのきびしい自然条件下にある外海あるいは沖合い域で行おうとするもの。従来は主としてのり養殖で用いられていた語。方法としては筏式,浮流し養殖などが一般的であるが,陸上からの汚染物質流入自家汚染のおそれが少い反面,施設の耐久力が要求され,管理面でもむずかしい問題があり,この点での技術開発が進められ,大規模養殖システムやまぐろ養殖などの将来企業化が期待されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖合養殖の関連情報